HOME > ごあいさつのページ

ごあいさつ

20年もの長い間、パソコン塾としてやってこられたのも、わたしを育てて頂いたのも、ご利用いただいてくださった皆様、関係者の方々、かかわっていただいたすべて方のおかげと感謝いたしております。
そして、他に何もできなかったからこそ転業することもなく、塾だけで続けてこられたともいえます。

思えば、パソコンのパの字も知らないまま、必要に駆られてこの世界に入ったのですが、20年前はパソコンがこれからの主流になる、会社に入ってくるということで多くの方が受講に見えました。集合教育ではなく、マンツーマンでその方に合わせた教え方は当時から変わっていません。インストラクターの方も塾生にお願いしてきました。しかし、開塾3年目にして、国からの無料講習会が全国で始まり、大きな打撃を受けたのがパソコン教室業界でした。多くの教室が通信業界に転身したり、廃業をされていきました。
わたしが、この塾を引き継いだ直後だったのですが、それでも来てくださる受講生の方々に支えられてきました。
そして、P検-パソコン検定試験認定校として県内で最初に導入し、受講者は遠く長崎・熊本・大分・鹿児島からも受験に来ていただきました。そして、塾生の多くの方にも受験していただき、お役にたてたことを心よりうれしく思います。
子どもたちにもパソコンを習ってきたことの証明として、検定試験を受けさせ進学時には、あの時本当にやっていてよかったとのお言葉をいただきました。親御さんたちの先見の目があったからこそ、子供たちの可能性を広げることができ社会人となって全国で活躍していることは嬉しい限りです。

元塾長の退任後、すべてのことをやらなくてはならなくなった時の大きなプレッシャーから、病気を発症し入院、手術を経験した時にも本当に多くの方に助けられました。その時に、これからの人生は「おまけの人生」この私でお役にたつことができるのであれば、続けようと決心した時でもあります。あれから10年の歳月が過ぎ、まだ働けることをありがたく思っております。
還暦もすぎ、これから先のことを思うと不安もありますが、ICTの活用はこれからの時代が本番です。
少しでも皆様のお役にたてるよう邁進してまいります。

そして、塾のもう一つの使命として、「未来ギフトアルバム作成資格講座」の事業を立ち上げました。
子どもたちのアルバムがないという声から、データの保存の大切さを知り、埼玉県のマルチブックと知り合うことができ、その後自分史や生前整理を学ぶ機会があり、遺品整理で一番困るのがアルバムの処分と聞き、人として生きた証を残すことをしたいと心から思うようになりました。
この時代に生まれ、この仕事にかかわって何をすべきかを今一度思うところでもあります。デジカメ、スマホに変わり写真の在り方が変わってきました。どうか、日々の何気ない中にある幸せの一こまを残した写真を、いつの時代でも見ることができるようにあえてアルバムという形で残したいと願い、そんな思いを込めて、引き継いでくださる方を育てていきたいと思っています。

2年前に街中の教室は閉めましたが、自宅にて出張講座をしておりますので、必要に応じて自宅や事業所などに出向いて実践的な授業をしております。また、社員教育にも活用いただき、企業内での研修講座も請け負っております。
そして、自分史活用推進協議会生前整理@みやざきの仲間とともに、皆様にお役にたてる活動をいたしておりますので、また改めてご案内していきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
令和元年5月


 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0982-63-6262 
icon FAX0982-63-6262(転送機能がかかっているため自動受信はできません)
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る